Top > ピーリング石鹸の使い方

ピーリング石鹸の使い方


"一生使えるピーリング石鹸"AHA5%配合◆デイリークリアソープ◆

 

ピーリング石鹸は使い方もとても簡単で基本的な洗顔方法で充分ケミカルピーリングの効果が得られます。
まずはじめにぬるま湯で顔をぬらし、それからピーリング石鹸を使います。

しっかりとあわ立てることが、ピーリング石鹸を使う上でとても大切なことで、それにはピーリング石鹸をネットに入れるようにすると、泡がしっかり立てられます。おでこやあごといった、古い角質が残っていそうなところから念入りに洗い、洗い方は肌の上で円を描くようにくるくる回しながら、マッサージすると効果が出るでしょう。

ピーリング石鹸で洗うときは指で洗わずにあわ立てた泡で洗うような感じで洗顔するようにします。指を使ってピーリング石鹸の洗顔をすると、肌が傷つく恐れがあるので気をつけなければならず、唇や目元には石鹸をつけないようにする必要があります。より効果を高くしたいなら、気になるところに泡をつけて3分待つようにするといいのですが、肌の弱い人には刺激が出てぴりぴりする場合もあるので、そのときはすぐに洗い流すようにしましょう。

泡をつけてから時間がたったなら、今度は泡が全部なくなってしまうまできれいに洗い流します。ピーリング洗顔後の肌は、とても敏感で乾燥模しているので、しっかり保湿してケアをしましょう。ピーリング石鹸はとても溶けやすいため、使った後はできるだけ水分を切るようにすることが大切です。お風呂場などにそのまま残しておくと湿気で溶けやすいので放置するのはやめましょう。

 

 ケーキバイキング  デザートフォレスト  モダン焼き
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ケミカルピーリングとは(2009年10月24日)
自宅で行うケミカルピーリング(2009年10月24日)
ピーリング石鹸の使い方(2009年10月24日)
ピーリング石鹸のメリット(2009年10月24日)