Top > ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、『ケミカル=化学物質』を使って『ピーリング=皮をむく事』という意味の言葉です。つまり、酸など皮膚に障害を与える液体を使って、角質や表皮、さらには真皮までをも化学的に溶かして、新しい皮膚の再生を促すことによって、病変を治療したり、より健康で美しい皮膚を取り戻そうとする方法です。治療目的によって、使用する薬剤やピールする深さなどが変わります。

使用する薬品にはいろいろな種類がありますが、酸の強さや濃度、時間を調節することでどの深さまでピーリングをするのかが決まります。

老化した角質が蓄積している状態は、新陳代謝を悪化させ、肌のくすみや小皺、しみなどの原因となり、にきび等の肌トラブルの原因となります。そこで、角質の新陳代謝を清浄化し、お肌のターンオーバーが正常に機能するようにすることを言います。

 

 クールマイヨール  千年未来  梵珠百水
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ケミカルピーリングとは(2009年10月24日)
自宅で行うケミカルピーリング(2009年10月24日)
ピーリング石鹸の使い方(2009年10月24日)
ピーリング石鹸のメリット(2009年10月24日)